トマトってリンゴ?

トマトの由来

トマトの語源は、中米・メキシコに栄えたアズティック文明の言葉、アズティック語の「Zitomato」に由来するものです。ヨーロッパにトマトがもたらされた時、フランス人は「愛のりんご」とも呼び、イタリア人は「金のりんご」と名づけられました。

イギリスではトマトという語がなかなか馴染まず「LoveApple」と呼び続けました。

ドイツにいたっては、「天国のりんご」と呼ばれています。イタリアでは「金のりんご(pomadoro)」が本名となってしまいました。リンゴの名が付くのは、当時リンゴは野菜の不足する冬の間、野菜に代わって栄養分が取られる重要なものでした。

トマトもリンゴ同様、体に良い食べ物としてリンゴの名が与えられたのでしょう。

一方、日本ではトマトを「アカナス」「蕃茄」とも呼ばれています。「蕃茄」とは、元々、トマトの中国名です。その中国では「洋茄子」と書くこともあります。