エコファーマー認定について

エコファーマーとは

エコファーマーとは、エコロジー[環境・生態]とファーマー[農業者]が結び付いた造語です。

「持続性の高い農業生産方式導入促進法」に基づき、県が基準を作って認定する。「たい肥などによる土作り」「化学肥料削減」「農薬削減」の3技術を組み合わせて環境保全型農業に取り組む生産者が対象。 認定されると、農業改良資金の借り入れ限度額の引き上げや、農業機械購入時の税制上の優遇措置が受けられます。