山住 昭二 (やまずみ しょうじ) さん

安全性も、おいしさも日本一の冬トマトを目指しています。

山住昭二さんの写真今日、食の安全性が私たちの大きな関心事になっています。

はちべえトマトの生産者のほとんどが、エコファーマーの認定を取得しています。毎日、全国のトマト産地に負けない、日本一のトマトをつくろう!とみんなで頑張っています。

お客様に安心して食べていただけるよう、なるべく農薬に頼らない方法で栽培し、トマトの天敵である蛾(ガ)を寄せつけない黄色蛍光灯を設置したり、ハウスの外からの害虫の侵入を防ぐための防虫網やハウス内の小さな虫をトマトに寄せ付けないための黄色い防虫粘着版などを使っています。

実は、これらの資材の導入には経費がかさみますが、私たちの信念である「安心・安全のためには努力を惜しまない」の考えを貫くために、これらの栽培方法を数多くの農家が実践しています。

さらに肥料は、できる限り化学肥料に頼らず、そのほとんどが有機肥料を使っています。

11月~2月時の冬トマトの生産高は、うちのやつしろトマト「はちべえ」が日本一ですが、量や安心感だけではなく、本当においしい味を求められています。

私たち八代農家は、農薬や化学肥料になるべく頼らず、知恵と工夫とたくさんの愛情を込めてておいしさも日本一のトマトづくりを目指しています。

ぜひ、私たちのやつしろトマト「はちべえ」を、一度食べてみてください。おいしいですよ。